ブログ

サーバーでのセキュリティ対策ソフトウェアとの相性

オンプレミス構築の場合に限り、セキュリティ対策プログラムで、設定によって正しく動作できないケースが有ります。
サーバー側のシステムファイルやデータベースファイル、添付ファイルが検疫対象としてしまうと、システムが正しく動作できなかったり添付ファイルの検疫に時間がかかり処理ができない場合がありますが、以下の対策で回避できます。

 

【対策】

対策としては、プログラム及びデータベース、添付ファイルのフォルダを検疫対象外に設定して頂く事を推奨致します。

 

  • サーバーでのセキュリティ対策ソフトウェアとの相性 はコメントを受け付けていません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る