皆様へメッセージ『COVID-19によりお客様のBCP対策支援について』

新型コロナウイルス(COVID-19)によりお客様の事業継続計画(BCP)への対策支援(テレワーク対応など)について

皆様へのメッセージ

世界各国においてCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染により危機的事態に遭遇していますが、全てのお客様が安全であることが最優先事項です。

この未曾有の事態により多大なる影響を受けていらっしゃるお客様の事業もあるかと思います。

弊社は、この難局に対応できる様にセキュリティを保ったままテレワークができるソリューションなどの解決策を共有したいと考えます。

それは、一元化を伴った顧客や案件のデータの共有であったり、社内に居るかの様なリモート作業です。

COVID-19(新型コロナウイルス)対策としては、人と人との距離を広げることが推奨されてますが、テレビ会議だけでは事業はうまく進みません。

どの企業にも基幹システム、マスターデータなどがあるかと思います。

テレワークにする際の最大の弱点は、これらのデータにセキュリティを保ったままアクセスするのは容易ではないと言うことです。

離れていても時間が合わなくても同じ企業データを扱う事ができる事も事業活動では重要です。

また、顧客から電話などのコンタクトが在った際は、通常であれば近くに居る誰かが対応するのに対し、テレワーク中は誰かが対応してくれているのではないかと対応のお見合いをしてしまい、結果的に対応の放置や遅れが生じるケースなど新たな課題も発生します。

より広域で物事を考えると、自社だけでなく仕入先や協力先、関係先との質を保持したコミュニケーションが事業維持には重要です。

各自が分散して作業をする事で、その一瞬は対応できても、データの継続性、セキュリティ維持、テレワーク解除後のスムーズな移行にはかなりのハードルがあります。

これらの課題を解決できる可能性があるソリューションとして、当社には「インフアジャスト InfAjast」と言うシステムがあり、またRMATRIXというリモートVPN装置なども在ります。

多くのシーンでご利用頂けるのではないかと思いますので、この情報を共有したいと思います。

■社会に対するご支援

弊社は、影響を受けていらっしゃる方々に対して間接的であっても支援できることがあれば手を尽くしたいと考えています。

【医療機関への支援】
当社は直接コロナウイルスの対処に当たっている医療機関に対しまして、
院内の患者様の管理や課題などの情報共有の臨時システムとして、また軽症者をホテルで管理する際の臨時システムとして、医師などが指示アドバイスできるフォローのシステムとして、緊急事態宣言が発出されている間は、当社の「インフアジャスト InfAjast」を無償でご利用頂ける様、ご要求に基づき提供のご提案を致します(ソフトウェア)。

【一般企業向けの支援】
緊急事態宣言が発出されている間に新規にクラウドの「インフアジャスト InfAjast for ECL2.0」をご導入のお客様につきまして、初期費用(MySQL版とOracle版)を無料とさせて頂きます。
システムを導入する際の初期費用を抑える事で、設備投資せずにスムーズな導入をお手伝い致します。

■当社の役割り

創業から30周年の年を経るなかで当社は様々なテクノロジーを生み出して参りました。
今はそれを使って皆さまのバックアップができればと考えます。
皆様と共にこの難局に立ち向かい、早期に皆様の笑顔が取り戻せるよう、力を発揮したいと考えます。

2020年4月16日

株式会社エーエスピーコム 代表取締役社長 奥原啓史




PAGE TOP